Ikebana in English 英語でイケバナ

Ikebana presentation trip to Thailand タイいけばな出講旅行

2016年3月 タイでのイケバナ出講旅行のご報告です。
いけばなを通しての平和運動だと思って活動しています。 今年もミッションを成功裏に終えることができました。サポートして下さる皆様のおかげです。今年は昨年の大学に加えて、チュラロンコン大学でもお声がかかり、大変喜んでいただきました。政界のリーダーを輩出するタマサト大学、ラマ5世王のお名前を冠にするチュラロンコン大学、タイ中で最も有名な大学のひとつラチャパト大学、こういった由緒あるタイの大学でいけばなをご紹介できることを光栄に思います。今回の日程は泰日工業大学のカレンダーと合わず不可能でしたが、2017年には改めて訪ねようと思っています。
長年の研究から、いわゆる日本文化の底流には、温かく、相手を認めて協調する哲学が流れていることを見つけました。この哲学を私の場合はイケバナを通して、特に若者に伝えることで、戦い取るのでなく、互いに譲り合い共に生きることの大事さに気づいてもらえれば嬉しいです。結局のところ、平和活動の一環になるかと思い始めた次第です。
My mission for Peace through Ikebana 2016 in Thailand was successfully over. Thanks to my dear students who came and helped me a lot. Chulalongkorn University was newly added in our project this year. Chulalongkorn and Thammasat are two oldest universities in Thailand. Thammasat has turned out many political leaders of Thailand. The name of Chulalongkorn came from the name of King Rama fifth who was a wise king and prevented the nation from being colonized.
I am very pleased to have the opportunities to introduce Ikebana at the top universities in Thailand including those two and another famous university Rajabhat. Our itinerary this time did not meet well with Thai-Nichi Institute of Technology which I had last year, but I will visit and do for them sometime in 2017.
I found from my longtime researches that the skills of so called Japanese culture are based on warm, calm and cooperative philosophy. I believe that conveying the philosophy through Ikebana, in my case, to specially youths will help them realize the necessity of cooperation each other instead of fighting. I started to feel that eventually my activity is a part of peacekeeping operation.

*At Chulalongkorn University チュラロンコン大学

1se12722267_10206842061023393_1607958549_o[1]b

2se12873669_10206842061863414_1702475928_o[1]b 3se12528814_10206842043982967_312559919_o[1]b

seDSC04343b.jpg

4se12421835_10206842002701935_1359331121_n[2]b  5se12421972_10206842025022493_1936623064_o[1]b

6se12874123_10206842027822563_1216443486_o[1]b 7se12528617_10206841959220848_249188981_o[1]b

I got a beautiful token. The figure of King Chulalongkorn and letters 'Chulalongkorn University' are carved.
素敵な記念品をいただきました。チュラロンコン王様の像と「チュラロンコン大学」と刻まれています。

8sIMG_20160326_165218b.jpg


*At Thammasat University タマサート大学
Thammasat University has a Japanese language department, and everybody shows high interest in Japanese culture. I gave them all lecture in Japanese language. A lady in my assisitants is a graduate of Thammasat, and we had a lunch at the students' cafeteria. Not only she but we all were happy to eat among the students.
タマサート大学は日本語学科があり、日本文化にとても興味を持って下さっています。今回の授業は全部日本語でさせていただきました。 お手伝い下さっているお一人はタマサー大の卒業生です。懐かしがられて、授業後は学食でランチしました。楽しかったです。
1seDSC03742b.jpg

3seDSC03759b.jpg 2seDSC03756b.jpg



4seDSC03763b.jpg 5seDSC03771b.jpg

6seDSC03780b.jpg 7seDSC03795b.jpg


8seDSC03742.jpg 9seDSC03805b.jpg


* Unfortunately, I could not take even a photo at Nakorn Pathom Rajabhat University this time. The professor welcomed us so much the same as last year, and I just missed the opportunity to take my camera out of my bag...
The photos below are from other places including Wat Bung Thonglang School, a florist' Close to the Nature' and the office in some company.
残念ながら、今年はナコンパトムのラジャハト大学での写真は一枚も撮れませんでした。教授方が昨年同様に、それは暖かくお迎えくださり、カメラを取り出す機会がないままに始まってしまったのです。。。 以下の写真はワット ブング ソングラン スクールの先生方、花屋さん、それにある会社でも従業員対象にさせていただいた際のものです。

1seDSC03553b.jpg

2seDSC03496b.jpg

4seDSC03515b.jpg 5seDSC03518b.jpg

6se12422143_10206842068623583_1109502458_o[1]b 3seDSC03503b.jpg

7seDSC03544b.jpg


seDSC04305b.jpg seDSC04318b.jpg

seDSCN3022b.jpg seIMG_5536b.jpg

Ms P's beautiful alumna Pさんの素敵な同窓生たちです(^^♪
seIMG_5540b.jpg




8seDSC04007b.jpg 9seDSC04001b.jpg

12seDSC03999b.jpg


*The photos from the trip last year can be seen on my website 'Eiko's activity' page.
昨年度の旅行の写真はホームページ Eiko's activityのページにあげています。
http://www.hbs.ne.jp/home/suzuki/7actv.htm
http://www.hbs.ne.jp/home/suzuki/


スポンサーサイト
  1. 2016/03/27(日) 00:38:23|
  2. Ikebana Class|
  3. trackback:0|
  4. comments:0

Comments

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://eisuzu.blog.fc2.com/tb.php/127-39777543