FC2ブログ

Ikebana in English 英語でイケバナ

同窓会誌より

同窓会会報誌より
コロナで世の中が沈滞ムードの中、同窓会から会報誌に寄稿するように再三の呼びかけがありました。原稿が集まらくて役員の方々がお困りの様子が伝わってきました。何か面白い話のタネで、笑っていただけるものがないかなあと考えて、ふと思い出しました。笑っていただければ、嬉しいです。関西婦人三田会「K.L.A.だより」第102号2021年2月号より転載
KLAFB.jpg















スポンサーサイト



  1. 2021/02/19(金) 17:42:52|
  2. 雑記|
  3. trackback:0|
  4. comments:0

A heart-warming story 心温まる話

2021/1/23
I met a wonderful story! It's so charming that I'd like to share it. The book appearing in this story is a real book published in1998.
素晴らしいお話に出会いましたのでシェアします。出て来る本は、実際に1998年に出版されています。

==========
先月、我が家の14歳の愛犬アビーが死にました。彼女が死んだ翌日、4歳の娘のメレディスは泣きながら、アビーがとても恋しいと言います。アビーが天国に着いた時、神様がすぐわかるように神様に手紙を書けるかと聞いてきました。出来ると思うよと言うと、次のように書くように言ってきました。

「親愛なる神様へ
どうぞ私の犬の世話をしてください。彼女は昨日死んでしまい、天国のあなたの元にいます。私はとても寂しいです。彼女は病気になってしまったけど、私の飼い犬にしてくれたことは嬉しいです。
一緒に遊んであげてくださいね。泳いだり、ボールで遊んだりするのが好きです。神様が彼女に会ったら私の犬だとすぐにわかるように、彼女の写真を送ります。私は本当に寂しいです。
愛を込めて  メレディス」

その手紙と、アビーとメレディスの写真とを封筒に入れ、天国の神様へと住所を書きました。返事用に私たちの住所も書いておきました。そしてメレディスは、遠い天国まで送るのだから切手がたくさんいると言って、封筒の表に何枚もの切手を貼りました。その日の午後、彼女は郵便局のポストに投函しました。数日後、神様はもう手紙を受け取ったかねえと聞きますので、もう神様は受け取っていると思うよと答えました。

昨日、表玄関のポーチに、見慣れない手書きで「メレディスちゃんへ」と宛名書きされた金色の紙に包まれた小包がありました。メレディスが開けると、中にはロジャース著『ペットが死ぬとき』という本が入っていました。表紙の内側には、私たちが神様に書いた手紙が開封されて貼られていました。反対側のページには、アビーとメレディスの写真と、次のメモがありました。

「親愛なるメレディスちゃんへ
アビーは無事に天国に到着しました。写真を送ってもらっていたので、すぐに彼女だとわかりましたよ。もうアビーは病気じゃありません。彼女の魂は、あなたの心の中であなたと一緒にいると同じように、ここで私と一緒にいます。アビーはあなたの犬だったことを喜んでいます。天国では肉体がないので、あなたたちの写真を入れておくポケットがありません。だから、この小さな本に入れて送り返します。持っているとアビーのことを思い出せるものになりますからね。
きれいな手紙をありがとう。そして、それを書いて私に送るのを手伝ってくれた、あなたのお母さんにもありがとう。何て素晴らしいお母さんなのでしょう。実は、あなたのために特別に選んだお母さんですからね。私は毎日あなた方を祝福して、あなた方を大好きだということを忘れませんよ。ところで、私を見つけるのは簡単です。私は愛があるところならどこにでもいるのですよ。
愛をこめて  神様より」


Our 14-year-old dog Abbey died last month. The day after she passed away my 4-year-old daughter Meredith was crying and talking about how much she missed Abbey. She asked if we could write a letter to God so that when Abbey got to heaven, God would recognize her. I told her that I thought we could so, and she dictated these words:

‘Dear God,
Will you please take care of my dog? She died yesterday and is with you in heaven. I miss her very much. I am happy that you let me have her as my dog even though she got sick.
I hope you will play with her. She likes to swim and play with balls. I am sending a picture of her so when you see her you will know that she is my dog. I really miss her.
Love, Meredith’

We put the letter in an envelope with a picture of Abbey and Meredith and addressed it to God/Heaven. We put our return address on it. Then Meredith pasted several stamps on the front of the envelope because she said it would take lots of stamps to get the letter all the way to heaven. That afternoon she dropped it into the letterbox at the post office. A few days later, she asked if God had gotten the letter yet. I told her that I thought He had.

Yesterday, there was a package wrapped in gold paper on our front porch addressed, 'To Meredith' in an unfamiliar hand. Meredith opened it. Inside was a book by Mr. Rogers called, 'When a Pet Dies.' Taped to the inside front cover was the letter we had written to God in its opened envelope. On the opposite page were the picture of Abbey & Meredith and this note:

‘Dear Meredith,
Abbey arrived safely in heaven. Having the picture was a big help and I recognized her right away.
Abbey isn't sick anymore. Her spirit is here with me just like it stays in your heart. Abbey loved being your dog. Since we don't need our bodies in heaven, I don't have any pockets to keep your picture in so I am sending it back to you in this little book for you to keep and have something to remember Abbey by.
Thank you for the beautiful letter and thank your mother for helping you write it and sending it to me. What a wonderful mother you have. I picked her especially for you. I send my blessings every day and remember that I love you very much. By the way, I'm easy to find. I am wherever there is love.
Love, God’

========
Did you like it? I wondered who sent the book to Meredith. Whoever it was, Meredith must grow to a warm and generous lady among such beautiful people. I could start today with a happy smile. Thank you!
いかがでしたか? それにしても、誰がメレディスに本を送ってあげたんだろう。 誰であったとしても、こんな素敵な人々の中で育つメレディスは、きっと温かく思いやりのある女性になるでしょうね。私の一日も嬉しい笑顔で始まりました。ありがとう!!



when-a-pet-dies2.jpg

maxresdefault.jpg
YouTube 'When A Pet Dies, by Fred Rogers'










  1. 2021/01/23(土) 17:02:57|
  2. 雑記|
  3. trackback:0|
  4. comments:0

An idea for Christmas

I found a unique vegetable called 'Ta-sai' at my favorite market yesterday. Christmas salad I thought of! I'll share the photos of my humble Christmas dinner. Merry Christmas to you all!!
お気に入りの市場でタアサイと呼ばれる珍しい野菜を見つけました。クリスマス サラダにしよう!と思いつきました。 私たちのささやかなクリスマス夕食を皆さまにも見て頂きますね。 楽しいクリスマスを!!!

seDSC_0340b.jpg seDSC_0342b.jpg


seDSC_0371b.jpg



sse20201223_182313b.jpg










  1. 2020/12/24(木) 08:17:28|
  2. 雑記|
  3. trackback:0|
  4. comments:0

Facebook より

My friend posted this message on my Facebook.
===
I'm noticing some Ikebana arrangements are looking a bit messier these days.
What are your thoughts Suzuki Eiko?
arrange.jpg

===
I answered as follow.

Hi Lyn, how have you been? Thank you for your message.
You asked what I think of this arrangement. I think it's "modern art". It doesn’t look the original ikebana, whose basic work is following the rules, but looks the artist's self-expression with plants, a genre called "modern ikebana". In this case, a large gray branch floating upside down with a lustrous maple tree on it is a beautiful work of art to the eye.
However, I think there is room for debate as to whether this can be called "ikebana" or not. My definition of "ikebana" is to make the characteristics of the plant come alive. In other words, I think ikebana is a technique to make plants look lively, or in other words, to make them happy. So, in my opinion, this work may be a one-sided work of self-expression using plants. It differs from conventional ikebana in that it uses plants as a mere material for self-expression, like paints in painting.
I hope I have answered your question ok.
It's been a difficult time with the spread of the new corona. I've come to enjoy making use of the plants around me to create ikebana works without going out, more than ever before.
Lyn, I hope you find your own enjoyment and live your life to the fullest.

====















  1. 2020/11/12(木) 09:16:22|
  2. 雑記|
  3. trackback:0|
  4. comments:0

コロナ対策

2020年10月16日
今日は、定期的なウェブミーティングの日でした。本日は8名参加で、そのうち2名がアメリカ人、1名がオーストラリア人でした。雑談でコロナの話題になりました。メルボルンの彼女は、胸を張ってオーストラリアはもうコロナは克服しました。メルボルンでは今日2件が報道され、たった2件なので感染者が何時にどこにいて、どのように動いたかが細かくわかり、そのルートにいた人は検査を受けていますという話でした。マスクをしないで外出すると罰金だそうです。かようにコロナ感染は「manageable(操作できる)」と彼女の結論でした。
先日の、あるグループでの会にもオーストラリア人がいました。彼女も、堂々とオーストラリアはもう問題でなくなりそうですよ。レストランも、何もかも閉鎖しましたからねと言っていました。「閉鎖しているレストランなどに補償はあるの?」ちょうど日本でその話題が出ていた時でしたのでお聞きするとYes。「じゃあ、税金が高くなるわね」と言うと、「何でそんなこと聞くの」といった顔つきで「当然ですよ」と言いました。互いが助け合っていく精神が強いのかなと思いました。
6月に同様のウェブ会をした際には、その時もメルボルンからの方がいらしたのですが(上のお二人とは別人)ロックダウンが厳しくて閉塞感いっぱいですと話していたのを思い出しました。政府のことを、こんなに胸をはって自慢できるのが、少し羨ましかったです。

大統領すらマスクを外し、開放的なアメリカ。しかし本日の会の二人の米国の友人たちは戸惑っていました。どんどん感染者がうなぎ上りに増えて行くデーターをスマホで見せてくれました。家族にあえない中で、結婚式で家族が何年振りとかに集う機会だが心配している、特に高齢の母親もその気になっているので、閉じ込められた教会の中で大丈夫だろうかと。個々に自分で身を守ることを余儀なくされているアメリカ。オーアストラリアとは対照的です。

「日本は経済復興のため、旅行に行くことを政府が奨励しているのよ」と言うと「What??????」と一斉に聞こえてきた外国人の声が、私の頭の中で今でも響いています。
ン。。。。 難しいですね。ちょっとした経験でしたので、皆さまにシェアします。

p.s.現在、私は米国のある大学のネット学生をしています。たまたま、今朝読んでいた学生交流の場にメルボルンの学生が投稿していました。本屋さんが閉まっているのでKindleで読んでいるが、早く元に戻ってほしいという一文でした。そういえば、薬局以外は閉まっているということも、どこでだかで情報をみました。本当に多くの店舗が閉まっていることを再認識した次第です。と同時に、これらの店舗全部にオーストラリア政府は補償するのかしらとも思いました。その辺に詳しい方はいらっしゃいませんか。教えて下さい。











  1. 2020/10/17(土) 08:57:38|
  2. 雑記|
  3. trackback:0|
  4. comments:0
次のページ